〒814-0001 福岡市早良区
百道浜2丁目1番22号
福岡SRPセンタービル7階
(財)九州先端科学技術研究所
092-852-3450(代)
財団法人九州先端科学技術研究所 (九州先端研 ISIT) Institute of Systems, Information Technologies and  Nanotechnologies (ISIT)
科学研究費補助金研究機関番号 87103 / e-Rad研究機関コード 6800498931
English Page
【サイト内検索】キーワードを入力し「Search」をクリック。
Google
ISIT定期交流会
ISIT 設立15周年記念講演会(市民特別講演会) 「地域社会とともに」
 ISITは、平成22年12月で設立15周年を迎えます。そこで、設立15周年 記念行事として、広く福岡市民の皆様を対象にISIT設立15周年記念講演 会(市民特別講演会)「地域社会とともに」を開催いたしました。


ISIT 設立15周年記念講演会(市民特別講演会) 「地域社会とともに」のご報告

■日 時
平成22年10月27日(水)
講演会 14:00〜16:50

■場 所(会 場)
福岡タワー1階多目的ホール
福岡市早良区百道浜2丁目3番26号
http://www.fukuokatower.co.jp/access/index.html

■参加者 126名

■主 催 財団法人九州先端科学技術研究所(九州先端研 ISIT)

■後 援 福岡市

「ISIT 設立15周年記念誌 −地域社会とともに−」(PDFファイル 約12MB)

プログラム

(1)14:00〜14:05 ご挨拶
         ISIT理事長       芦塚 日出美  
  
(2)14:05〜14:15  平成22年度「ISIT九州先端科学技術研究開発表彰」
         ISIT研究所長      新海 征治
 
(3)14:15〜14:40 講演『ISITのこれまでの活動と今後の展開』
         ISIT副所長         村上 和彰
            
(休憩 10分間)

W-Saitoh-Photo
(4)14:50〜15:50  講演『熱く、単調で、混雑した時代のイノベーション』  
         ・コンサルティング会社・インテカー(InTecur)  
           代表取締役社長
          ・政策研究大学院大学・客員研究員
          ・独立行政法人産 業技術総合研究所(AIST)
           ベンチャー開発センタースタートアップアドバイザー
          ・東京農工大学客員教授     
                       齋藤 ウィリアム 浩幸 氏




N-Ikezawa-Photo
(5)15:50〜16:50  講演『ナノテクへの期待、ナノテクからの期待』
         ・(株)野村総合研究所 コンサルティング事業本部    
          チーフ・インダストリー・スペシャリスト        
                              池澤 直樹 氏






○斎藤 ウィリアム 浩幸 氏 プロフィール

 斎藤 ウィリアム 浩幸 氏は、 暗号化、認証およびバイオ
  メトリクス(生体認証) 技術分野の専門家として、 過去
  20年に渡り、情報セキュリティ政策の構築、新規事業の
  創設、公共団体の運営に携わってきました。

 1991年にカリフォルニア州でアイオー・ソフトウェア
  (I/O Software, Inc.) を設立し、セキュリティ・ソフ
  トウェア開発の世界的リーダー企業へと発展させた功
  績を認められ、1998年にアーンスト・アンド・ヤング、
  ナスダックおよび USA Today より「アントレプレナー
  ・オブ・ザ・イヤー」 (1998 年度の起業家賞) を受賞。

 2000年にI/O Software, Inc. の中核事業である認証技
  術と生体認証アプリケーション・プログラム・ インタ
  ーフェイス (BAPI) をWindows OSに組み込む交渉をマ
  イクロソフト社と行い、 その後、全世界で160社以上の
  企業と同技術のライセンス契約を結ぶ。

 2004年に I/O Software, Inc. が買収された後、ビジネ
  スおよびテクノロジーに関する世界規模の事業に取り組
  むため日本に拠点を移し、革新的技術を持つアプリケー
  ションの開発、商品化を目的とするコンサルティング会
  社、インテカー (InTecur) を設立。
 現在は、同社の代表取締役社長として数多くのベンチャ
  ー企業や起業家の支援を行っている。

 日本では経済産業省(METI)、総務省 (MIC)、 産業技術
  総合研究所(AIST)および情報処理推進機構 (IPA)、アメ
  リカでは連邦捜査局(FBI) などの政府機関において、イ
  ノベーション・起業分野の課題に顧問、役員、議長などの
  立場から取り組んでいる。 
 
 また、政策研究大学院大学 (GRIPS) 客員研究員、東京農
  工大学 (TUAT)客員教授を兼任。

 専門分野における多大な功績は、政府・議会関係者に高く
  評価されている。
 著書も数多く、講演活動も積極的に行っている。


○池澤 直樹 氏 講演概要 及び プロフィール           【講演概要】  わが国の現状においては、国富の維持・拡大を当面可能  とする産業や事業を見出すことだけでは不十分である。長  期的に、成長産業や成長事業を生み出し続ける仕組みを構  築することが必要である。  国富の維持・拡大を実現する産業や事業とは、すなわち、  競争力のある産業であり事業である。このような産業や事  業については、日本は厳しいキャッチアップに晒されてい  る。これまで競争力を保持していた、デバイス、材料分野  でもキャッチアップが進行している。 このような状況下で、成長産業や成長事業を継続的に生  み出す可能性を秘めているのがナノテクである。当日は、  ナノテクについての期待を踏まえつつ、ナノテクの育成に  必要とされる対応について、「ナノテクへの期待」と「ナ  ノテクからの期待」と題して講演を行いました。            【講師プロフィール】  1951年 東京都生まれ      慶応義塾大学工学部      慶応義塾大学工学部計測工学科修士  1976年 野村総合研究所入社      機能デバイス・素材産業研究室、技術産業研究部長      産業コンサルティング部長を経て    現在 コンサルティング事業本部のチーフ・インダストリー・ スペシャリスト 【著 書】  1990年 『創造の戦略』野村総合研究所(共著)  2002年 『ユビキタス・ネットワークと市場創造』       野村総合研究所(共著)  2002年 『ナノテクが日本を救う』講談社  2004年 『やらなきゃ良かったあのテーマ』オプトロニクス   【政府委員・大学教師等】  経済産業省(NEDO)専門委員  北陸先端科学技術大学院大学客員教授  中部大学客員教授  大阪経済大学非常勤講師          【主な受賞歴】    1987年 櫻井健二郎氏記念賞 (財)光産業技術振興協会