First International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2010)

情報セキュリティ研究室 > 学会/セミナー報告 > First International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2010)
###	参加報告:First International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2010) 	###
###              										###

【会 議 名】ICoAC 2010 (2nd International Conference on Adanced Computing) *
              &
            UCC 2010 (1st Utility and Cloud Computing)
【開催日時】2010年12月14日(火)〜12月16日(木)
【場    所】Department of Computer Technology Madras Institute of Technology
            Campus, Anna University, Chennai, India
【   URL  】http://www.manjrasoft.com/ucc2010/
            http://www.annauniv.edu/icoac2010/
【主    催】Department of Computer Technology Madras Institute of Technology,
            Anna University and The University of Melbourne, Australia
【後  援】IEEE Madras Section, University Grants Commission Government 
            of India, Center for Development of Advanced Computing Government
            of India, Manjrasoft Pry Ltd.
【参 加 者】約200名 (研究者は約30名、内150~160名はMIT他の学生、他はVIP)
       3日間の本会議において4のセッションが開催され、19件の論文が発表された。
            また、3件のKeynote speechが行われた。           
【報 告 者】江藤研究員
 *UCC 2010はICoAC 2010との合同開催であり、Keynote及び一部セッションは合同である。
  尚、本報告の聴講論文は、全てUCCセッション(含、合同)で発表された論文である。


<12月14日> 9:00-17:30
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Pre-Conference Tutorial on Virtualization and Cloud Computing:	約120人
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■開催の挨拶

■"Software Architechture Style and Cloud Computing & its application"
  Prof.Thamarai Selvi (Anna University, India)
概要:1.Software Architechture, 2.SOA & Web2.0, 3.Cloud Computing,
      4.Applicationの4部構成。内容は、アーキ種類やや通信の基本的な概要
   が多い。以下のような断定的な表現のいくつかが印象に残った。
   -GridとCloudは技術の発展形であり、同じ流れ。但し、前者は"Resource 
    Sharing"で、後者は"Service Sharing"
      -Web2.0は、属性(attribute)であり、技術(technology)ではない。
      -Contribution ref.
       http://www.annauniv.edu/care/index.html

■"Cloud Computing: The Next Revolution in Information Technology"
  Prof.Rajkumar Buyya (University of Melbourne & Manjrasoft Pty Ltd, Australia)
 [http://www.buyya.com/cv.html]
概要:Cloud Computingを"The Next Revolution in IT.", "The Big Switch in IT"
      であり、Pradigmと位置付ける。自身の(Buyya's) Cloudの定義として、
      "marked-oriented distributed computing system"とし、virtualized,
      dynamically provisioned, プロバイダとユーザ間でのSLAを挙げる。
      Cloudの流れはPublic->Private->Hybrid/Mixedと予測し、将来的にも
      SLAの遵守が重要と強調する。ベンチャー(?)経営者でもあり、
      Google,Amazonと比較して、自社の"Aneka"のPaaSの優位性も強調。
所感:著書紹介、Cloudへの思い入れ、会社/製品の説明と盛り沢山の内容。
      Cloud定義は表現は異なるが一般的な認識と大差はない。日本のシンポジウム
      でも直近のCloudはHybridの認識を聞いており、識者の認識は同じと理解した。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
UCC 2010 Opening and Keynote Speech	約40~50名
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■Keynote: Cloud Computing for Enterprise, Business and Industry Applications
  [企業、ビジネス及び企業アプリケーションの為のクラウドコンピューティング]
 Dr.subrahmanya Rao (Cognizant Technology Solutions, India)
概要:クラウド上でどのように仕事をするか?と言う話をする、と宣言しての講演。
      具体的には自社のサービスの紹介。Dhatri(患者,医者,薬剤師間の診断,
   投薬情報)をクラウド上で提供。また、Perisikan(Facebook,Twitter,
   MySpace等から、Cloud Infrastructureを通して Enterpises, Individal
    End Userへ情報提供)の具体的事例が紹介された。また、ビジネス利用の
      クラウドサービスを、BPaaS:Business-Process-As-A-Serviceと称している。
Q.アマゾンは自身の中で閉じている。通信費を使う貴サービスはコストが掛かるのでは?
A.クラウドを利用しない既存サービスと比較して低コスト。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Session: Cloud Resource Management	約40~50名
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■Virtual Machine Provisioning Through Satellite Communications in Federated Cloud Environments
 Antonio Celesti, Meria Fazio, Massimo Villari and Antnio Puliafito
  (Univ. of Messina madslab Group)
概要:Federated Cloud環境とは、自クラウドと外部クラウドを連携させる環境。
      例えば、PrivateとParterのCloud、PrivateとPublicのCloud間の連携である。
   ビジネス利用を目的としており、仮想環境の構築やmigrationの促進により
      既存利用と協調を重視し、無駄を省き、低炭素(Green IT)も志向している。
所感:Hybridの言葉は出てこなかった。差分の有無が理解できず。
Q.検証は?
A.衛星通信やTV放送で実施、ドイツなどで実施。

■ Feedback-based Optimization of a Private Cloud
 Hamoun Ghanbari, Marin Litoiu, Bradley Simmons and gabriel Iszlai.
  (YORK University, Canada)
概要:Private Cloudにおいて、複数仮想マシン上でのクラウドリソース割当て
      に関し、使用状況のFeedbackに基づくリソース最適化の提案。staticと
      dynamicの環境でシミュレーション評価し、有効であることの報告。
Q.エネルギー消費量の検証は?
A.未実施。将来的に実施。
Q.リソースの最適化の為の、移動、通信によりオーバヘッドが発生すると
 考えるが、評価結果には反映されているか?
A.今回の評価は同一マシン上でのリソース割り当て率の変更のみの為、質問の
 状況は含まない。最適化時のオーバヘッドは確かに発生し、制御も困難である。
 Future Workと考えている。
Q.論文ではPrivate Cloudでの適用例であったが、IaaSのようにリソースが
 制御下にある環境ならば、Public Cloudでも適用可能では?
A.Yes. 可能であり、興味深いアイテムと考える。

■ Towards efficient data serch and subsetting of Large-scale 
  Atmospheric datasets
 Hamoun Ghanbari, Marin Litoiu, Bradley Simmons and gabriel Iszlai.
  (Colorado State University, USA)
概要:atmospheric scienceにおける観測可能データセット用の効率的
      データセット検出環境を提供する、ADDS(Atmospheric Data Discovery
      system)を開発。複雑な検索機能を提供する為、有効なmetadataを
      自動的に抽出かつ検索する。プロトタイプをMapReduce上で実装した。


<12月15日> 9:00-17:30
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ICoAC 2010 Keynote Speech	約130名(内、学生100名)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■Keynote: Data Services for Virtual Organaizations
  Prof. Carl Kesselman
  (Industral and systems Engineering Preventative Medicine University of Southern California)
概要:Virtual Organaization(VO)を関連付けてアクセスや統合の制御する仕組み
      の提案。VOとは、制御下にあるデータとカオスの状態のデータの中間に位置
   する、独立状態で混在している制御外のデータを意味する。クラウド上を
   含みこれらのデータを生成、結合、命名、アクセスする仕組みとして
   Tagfiler modelを提案。Tagfilerは実データ(value)とDataset (file or URL)
   の双方を参照する構成で上記を実現する。各Datasetは複数Tagfilerから参照可能)。
      Tagfiler動作の具体的なプロトコルの提案と、"Two geographically distribued branches"や
      "Horizontally partitioned DB"の例によりその有効性を説明。
所感:Ian Foster教授レベルでGrid/Cloudでは有名な人らしい。
   Tagfilerを用い、独立したVOを連携するというアイデアは興味深い。
      講演の終盤に学長が入場による挨拶で中断したり、PCがロックして口頭
   だけの説明となり、明確に主張が伝わらなかったのが残念であった。
Q.データ結合の場合は、どうするのか? 
A.シンプルな場合はユーザ側で制御する。しかしそれは単純な場合で、
 複雑な場合は、データマージやマイグレーション後に同様の処理をする。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ICoAC 2010/UCC 2010 Inauguration:	約180~190人(学生150~160,研究者30,VIP7)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■Inauguration [10:10~11:10]
-主要メンバ壇上へ(MIT学長、学部長、Chair、keynot講師)
-国家静聴
-燈明点火
-主要メンバ同士での花束贈呈、記念品贈呈
-挨拶(歓迎、答礼 etc.)
1)Prof.Thamarai Selvi(Anna University, India)
 17カ国(米、仏、独、オーストリア、エストニア、伊、日本、韓国、中国、カナダ、豪等)から
 約200件の投稿有り、査読の上で約40件を採択(198papers, UCC/ICoACの内訳は無し)。

2)Prof.Rajkumar Buyya(University of Melbourne & Manjrasoft Pty Ltd, Australia)

3)Presidential Address (Prof.P.Mannar Jawahar, Vice Chancellor,Anna University)

4)Prof.Carl Kesselman(University of Southern California,USA)

5)Dr.A.Joseph Stanley, M.E,Ph.D (Dean,Anna University )

6)Prof.P.Jayashree, (associate Professor,Anna University )


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
Session: Green Clouds/Cloud Efficiency	約20~50名(学生、外部半々ぐらい)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■"Adaptive Heterogeneous Language Support within a Cloud Runtime"
 Kathreen Ericson and Shrideep Pallickara
  (Department of Computer Science Colorado State University)
概要:任意クラウド環境における特定のプログラム言語利用の制限に対し、
   C,C++,C#等の利用可能言語を拡張するBridge frameworkの提案。

■"Dynamic Energy Efficient Data Placement and Cluster Recofiguration
  Algorithm for MapReduce Framework
 Nitesh Maheshwari, Radheshyam Nanduri and Vasudeva Varma
概要:MapReduce動作のクラスタノードにおけるエネルギー(電力量)制御への対応。
      作業量と動作ノードのon/offに基づき、rackとノードの負荷を動的に再構成
   する。検証で、エネルギー33%削減、平均負荷54%を実現。
Q.どのようにシミュレートしたか?
A.処理の数を増やして実施。
Q.再構成中にシステム障害が発生した場合の考慮は?
A.対象データをバッファに保存している
Q.異なるノード間での遅延の考慮は?
A.考慮している、、、(詳細不明)
Q.どうやってパフォーマンスを測定
A.プロセス処理数をツールでモニタ

■"Architecture for Next Generation Systme Management Tools!
  Jerome Gallard*, Chistine Morin, Geoffroy Vallee, Thomas Naughton, Stephen Scott and Adrien Lebre
概要:クラウド上での割当てリソースの再構成を動的かつ強制的に制御する提案。
   Goldbergが提唱した、見積と仮想化のコンセプトを再定義して利用。

■"Independent Checkpoint in a Heterogeneous"
  Eugen Fellor, John Mehnert-Spahn, Michael Schoettner and Christine Morin
  (IRISA, Campus de Beaulieu, France)
概要:DBリカバリの為のCheckpointとRollbackの仕組みのGrid環境への適用。
      複数の独立したcheckpointの統合とXtreamGCPに対するrollbackリカバリプロトコルの提案。
Q.Checkポイントの度に保存データを変えるのか? 最後だけか?
A.ラストcheckポイントでのみ修正
Q.失敗時の理由の考慮で動作かわるのか?
A.失敗の理由等は考慮しない。システムのリスタートをトリガにリカバリ動作。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
Session: Cloud Economy/SLA Management	約20~30名(研究者約20名)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■"Provisioning Resources for Scientific Appl in Hybrid Clouds wiht Aneka"
  Christian Vecchiola, Rodrigo Calheiros, Dileban Karuamoorthy and Pajkumar Buyya.
  (Suraj Pandey Cloud Computing, University of Melbourne & Manjrasoft Pty Ltd, Australia)
概要:Chairの一人、Buyya教授の会社のクラウドサービス"Aneka"に関する詳細紹介。
      Private Cloud, Grid & Cluster, Public Cloud(Amazon EC2)でのダイナミック
   な連携のサービス。既存を活用し、必要時のみAmazonを利用の形態。
Q.リソースのプロビジョニングの種類は? リソースが無い場合のポリシーは?
A.リソース不足の場合はアマゾンから追加する。アマゾンのリソース制御を提供。
Q.Cloud上で実現と理解、Desktop上Grids間ではどうか?
A.可能

■"Automatic resoure allocation in a J2EE cluster"
  Alain TCHANA, Suzy Temate, Laurent Broto and Daniel Hagimont
  (Toulouse Univ. FranceSuraj Pandey Cloud Computing  Merborune)
概要:J2EEのe-commerceアプリにおける動的なリソース割当てに利用するシステム
   TUNeの実装、評価報告。異なる管理ポリシー環境での実験で、ピンポイントでの
   有効性と限界の結果を得た。

■"Transparent VPN Failure Recovery with Virtualization"
  Yohei Matsuhashi, Takahiro Shinagawa, Yoshiaki Ishi, Nobuyuki Hirooka and Kazuhiko Kato
  (University of Tsukuba)
概要:VMMのクライアント間のVPN接続の障害検出方式。内部トラフィックのモニタと
   VPN接続性の監視(ICMP)がキー。筑波-東京-横浜-福岡の環境で検証し、
   リカバリ時間は、4.1msecと報告。仮想レイヤのオーバヘッドは、0.6msec。
   ※今回の唯一の日本からの発表。
Q.ICMPを利用しているが、パケロス発生の場合はどうなるか?
A.ICMPは3回再送信されるので、failure detectionは実行される


■"A Structured Marketplace for Arbitary Services"
  Jurgen Mangler (University of Vienna, Austria)
概要:Class Levelにより構成されるMarketplaceに関し、scinarioを提供し
      クラウド間での移動やクラウド間でのロードバランス等、クラウド間で連携し、
   複数クラウドの協調を実現、の提案。
Q.SLA agreementを考えているが、具体的には?
A.操作だけではなく、一つの処理として。異なる種別のSLAをユーザにわかる形で提示。
Q.分割可能?
A.容易に分割可能である
Q.処理時間
A.未検証、今後の課題。


■"Cost and Benefit of the SLA Mapping Approach for Defining Standardized
   Goods in Cloud Computing Markets"
  Ivona Brandic, Michael Maurer, Vincent C. Emeakaroha, Joern Altmann
  (Vienna University of Technology, Austria)
概要:public SLAテンプレート間のマッピングを定義して、cloudユーザによる
   SLAマッピングに基づくSLAテンプレートを適用する。クラウド市場で
      クラウドユーザのビジネス利用において、private SLAテプレートの
   利用を可能とする仕組み。
Q.Aggregation levelについては研究中か?
A.resouce metricを用いてプロバイダへ展開時にモニタする。
Q.プロバイダ状況がわかるのか?
A.いくつかのプロバイダと連携。
Q.どのようにしてSLA保証を確認するか?
A.特定のアウトプットを保証している。特定の利用者の状況を保証できる。


■"Policy Based Resource Allocation in IaaS Cloud"
 Amit Nathani(DA-IICT), Sanjay Chaudhary and Gaurav Somani
概要:Haizeaのスケジュール管理アルゴリズムを利用期限をサポートする
   為に拡張する。提案アルゴリズムは動的にスケジュール管理を提供。
Q.swappingで適用前後で1エリアから複数エリアに配置が変わっているが、安定しているのか?
A.安定性は考慮できている。

■"OPTIMIS: a Holistic Approach to Cloud Service Provisoing!
  Johan Tordsson (Austria)
概要:Basic Toolkit、SP ToolsとIP Toolsのクラウドツールの提案。
      Basic Toolkitは、モニタと測定と予測、及びID管理によるセキュリティを提供。
      SP Toolsは、プログラムモデルとライセンスモデル、サービス最適化を提供。
      IP Toolsは、アドミッション制御、VM管理、クラウド最適化を提供。
      これらを、OPTIMIS Toolkitとして展開。
所感:現状は提案のみだが、国家レベルのプロジェクトらしい。
   クラウドサービスもも国家安全保障レベルの位置付けになるかもしれない。
   Proceeding, 配布プログラムにも該当情報がなく、詳細確認できず。
Q.コストの見積はいつ、どうやるのか?
A.処理内容から、最大を見積もる。
Q.Internetはもともとpolicyないと考えるが。
A.ビジネスユースを想定しており、見積可能。
Q.リスクコントロール。インプリ時にはどのように実現するのか?
A.アドミッション制御やソフト制御で。プロジェクトで考慮予定。


<12月16日> 晴天, 9:00-13:30
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ICoAC 2010 Keynote Speech	約60名(内、学生50名)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■Keynote: Cloud Computing: Vision, Opportunities, Challenges, and Paradigms
  Speaker: Prof.Rajkumar Buyya (University of Melbourne & Manjrasoft Pty Ltd, Australia)
概要:タイトルは異なるが、初日12/14の同教授による "Cloud Computing: The Next
       Revolution in Information Technology"とほぼ同内容の為、記述省略。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
Session: Adaptive Resource Management / Cloud Applications 約30~40名(研究者約20名)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■"An Autonomic Cloud Environment for Hosting ECG Data Analysis Services"
  Suraj Pandey, William Vooorsluys, Sheng Niu, Ahsan Khandoker and Rajkumar Buyya, 
  (Cloud Computing, University of Melbourne & Manjrasoft Pty Ltd, Australia)
概要:モバイルデバイス(携帯電話、PDA、通信機能付きの腕時計orロケット etc.)等の
   センサ機能と通信機能を有する端末で個人のヘルス情報を収集し、クラウド上で
   保管、かつ、解析サービスを実施の提案。ECG(collection of electrocardiogram)
      という事例でのプロトタイプでの検証報告。
所感:豪州のクラウドベンチャー Manjrasoft社の事例紹介。CCS2009のWSでも医療サービス
      におけるクラウド利用が紹介されていた。エネルギー資源、水、スマートシティ等と同様に、
      医療分野は今後の競争分野の一つであり、クラウドとの連携は必要条件と思われる一例。
      利用デバイスとして、「誰でも身につけている腕時計やロケット」の発言には疑問。
Q.新しいサービス動作はどのように開始されるのか? 
A.リクエストがQueに残ったら、それをトリガに動作開始する。

■"An Empirical Study into Adaptive Resource Provisioning in the Cloud
  Sadeka Islam, Jacky Keung, Kevin Lee and Anna Liu. (Australia ?)
概要:ニューラル網と線形回帰を用いたリソース測定と割当ての予測システムの開発。
   これでクラウドシステム上でのリソース要求に対応するという。検証では、
   有用性と重要性を確認と報告。
所感:Cloudの性質の一つである、elasticを保証する機能の研究であり、従量制の利用
   コストの削減は複数クラウドには有用と考える。
Q.NW輻輳時の考慮は? F.W?
A.精度をチェックするようにしている。

■"Case for Dynamic Deployment in a Grid-based Distributed Query Processor"
  Arijit Mukherjee and Paul Watson. Connectivia ??? Kolkata, India)
概要:ネット上のVM環境における処理要求、解析サービス、データベースに関し
   通信コストを削減する為の、動的なサービス展開技術の利用提案。
   複数のGrid環境の中から、低コストの対象を選択。"adhoc runtime engine"
      の生成により上記を実現する。

■"Adapting Scientific Computing Problems to Clouds using MapReduce"
  Dr.Satish Srirama, Pelle Jakovits and Eero Vainikko (Estonia)
概要:大学内での既存リソースを活用の為、学内のprivate cloudを検討。
   研究には科学的コンピューティング環境(SciCloud)が必要であり、
   Mapreduceのようなフレームワーク利用で実現をいう。
   科学計算には反復計算を用いるが、Hadoop MapReduceは並行処理の反復計算に
      問題があるとし、よりよいフレームワーク、MapReduceの最適化の研究。
Q.MAPingについて。ランダムに実施か?
A.処理速度に依存して割り当てる。

■Workflow Management in Service Oriented Infrastructures
Spyridon Gogouvitis, Kleopatra Konstanteli, Georege Kousiouris,
Gregory Katsaros, Dimosthenis Kyriazis and Theodora Varvarigou
概要:ワークフロー記述言語、アプリコンポーネントの同期、実行と処理
      失敗のモニタ機能を有するWorkflow Managementのアーキ設計と実装の
   提案。Film Postproductionなるリアルタイム双方向性アプリでの検証。
Q.どのように保証を提供するか?
A.処理時間 
Q.providerと連携しているのか?
A.Yes. QOS metricsに関して。
Q.QOS metricsがユーザ定義可能か?
A.アプリ毎にQOSを事前に定義する。
Q.Workflowにおいて、イベント要求で処理されると思うが、処理待ちの場合、メモリ上からデータは削除するのか?
A.待ち状態で削除はしない。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
VALEDICTION:				約120~130名
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■Valediction
-主要メンバ壇上へ(Dr.A.Joseph Stanley, Dr.S.Shanmugavel, Prof.Ivona Bandic,
                  Prof.Bayya, Prof.Thamarari)
-国歌静聴
-挨拶(歓迎、答礼 etc.)
1)Dr.A.Joseph Stanley(Anna University, India)

2)Dr.S.Shanmugavel(Anna University, India)

3)Prof.Ivona Brandic(Vienna University of Technology, Austria)

4)論文賞
  "On Trust Management and Reliability of Distributed Scheduling 
   Algorithms"(Hemant Mehta) ※ICoAC2010の論文の為、未聴講

5)発表者及び参加者への記念品贈呈及び写真撮影

-国歌静聴(再)
-Closing挨拶
 Prof.Thamarai Selvi(Anna University, India)


■所感/その他
1)UCCとICoACを併せた2010年度の投稿論文数は198件で、36件が採択されている。
 (proceedingのabstract掲載数 ICoAC:16, UCC:20。採択率=18.2。)
  発表者は、ポスドクやPh.D candidateの学生など、若手研究者が多い。
 また、クラウドサービスを提供するベンチャー企業の研究者からの発表も散見された。
 日本からは、■"Transparent VPN Failure Recovery with Virtualization"(筑波大)松橋氏(M2)の
 発表1件、と参加者3名(筑波大2名、ISIT1名)であった。

2)会議名に"Utility"とあるように、UCC2010はクラウド利用者の立場で、
 クラウド/グリッドをどのように利用するか、サービスやクラウドリーソスの効率的/効果的な利用方法、
 SLA(Service Level Agreement)の管理方法、elasticの実現方法、のように既存のPublicクラウドを
 活用する方法や既存コンピューティング環境と相互運用する方法、ツール等に焦点を充てている。
 通常は既存システムやPrivateクラウドを利用し、処理増加やリソース不足の場合にPublicクラウド
 を利用する仕組みや、Publicクラウド機能を利用する為のC/C++/C#等の言語変換機能、リソース管理
 やSLA測定ツール等のアプローチは、これまでに認識がなく視点としては面白いと感じた。
 但し、多種の言語対応はAWSでもリリースされつつあり、利便性の高いツールも各プロバイダから
 提供されると予測され、外部/第三者アプローチが継続的に有効性を維持できるかは個人的に疑問に思う。
 Keynoteで本会議の中心人物の一人、Rajkumar Buyyaメルボルン大教授が予測する、
  「現状は、PrivateからPublicクラウド。数年のうちには、Hybrid/Mixedクラウドとなる」は、
  11月のクラウドコンピューティングEXPO(こちら)でも複数の有識者が同様の意見であった。
  "Elastic"をキーワードに必要により複数のPublicクラウドの中から最適な環境を利用する、
  Hybird/Mixedクラウドとなる可能性が高いと、認識した。

3)セキュリティについては、その必要性は全体的に重要機能と認識されている。しかし、現状は
 例として、Identification管理によるアクセス制御、データ暗号化が挙げられる程度で、具体的な
 研究対象とした発表は皆無であった。多くの発表において、"Future Work"と位置付けられている。
 よって、セキュリティ関連では新しい知見や刺激は得られなかったことは残念であった。

4)次回の開催意向はアナウンスされたが、詳細の開催場所・日時は未定である。



以上
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



ページトップへ戻る

Copyright © 2010 Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies. All Rights Reserved.