第1回社会技術ワークショップ

第2研究室 > 学会/セミナー報告 > 第1回社会技術ワークショップ
------------------------------------------------------------
第1回 社会技術ワークショップ
「複雑化する情報と社会そしてガバナンス」
------------------------------------------------------------
日時:2006年6月26日(月)10:00〜18:00
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
主催:独立行政法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
参加人数:約200名

プログラム:
総合司会:日夏 健一(社会技術研究開発センター運営室長)
------------------------------------------------------------
10:00 開会挨拶
	市川 惇信(社会技術研究開発センター長)
------------------------------------------------------------
・社会技術研究開発センターの研究開発領域
	安心安全/情報と社会/脳科学と社会/科学技術と人間
・課題を大局的にとらえて解決をはかる

------------------------------------------------------------
10:05 総括講演「情報と社会」研究開発領域の全体像
	土居 範久(中央大学教授)
------------------------------------------------------------
・研究開発領域の概要「情報と社会」
	情報システムに関連する社会的リスクを解明するとともに、
	その最小化を目的として、計画型、公募型の研究を行う。
・具体的成果目標
	・ハザードマップの作成
	・解決法の定時
	・政策立案者向けの基礎的資料の提示
	・情報システム、セキュリティ分野の研究方向性の提言

============================================================
セションI 公募型研究開発「ユビキタス社会のガバナンス」
============================================================
------------------------------------------------------------
10:20 基調講演1 ユビキタス社会における人、技術、
                 社会システムの調和を求めて
	東倉 洋一(国立情報学研究所副所長)
------------------------------------------------------------
・日本は、ユビキタスネットへ期待しているが同時に、安心、安全も
 サービス提供者に求める傾向がある
・ICT(Information and Communication Technology)の利点、欠点に
 ついて研究を行い、技術開発、制度提言、実証実験等を行う

------------------------------------------------------------
11:00 発表1 ユビキタス社会における情報信頼メカニズムの研究
	曽根原 登(国立情報学研究所教授)
------------------------------------------------------------
・情報信頼性評価方法の検討
	Webページを信頼する手がかりの調査
	- リアルタイム性、実世界の属性情報、格付け度、評判
・システム開発と実証実験
	情報信頼性判定エンジンの開発
	- 情報発信者、表示情報、ランキング、評判等を自動評価

Q:市民の立場からの保証というものをどう考えているのか?
A:だれでも情報提供者になるのでそれを支援する
C:研究体制が技術者だけで組織されているので、
 法学者やNPOなどと連携してほしい

------------------------------------------------------------
11:20 発表2 ケータイ技術の知識不足から生じる危険の予防策
	玉井 克哉(東京大学教授)
------------------------------------------------------------
・ケータイに関するヒアリング、座談会、アンケートなどの活動
 実績の報告
・ユーザは、便利になったが操作が難しく、また安全でないと
 感じている
・「Keitai Passport」化(身分証や決済手段機能)が進むと考えるので
 さらに調査を行い、システムや政策提言をしていく

Q:子供とケータイの関連について
A:ケータイを持たせたいと考える親は多い(GPS機能)が、
 通信費や有害サイトアクセスの懸念がある。
 機能を段階的に解除できるようにし、1台のケータイを
 長期間使用できるようなシステム提案をする。

------------------------------------------------------------
11:40 発表3 バリアフリーのための応答・支援スポットの構築
	宮尾 克(名古屋大学教授)
------------------------------------------------------------
・駅などで障害者や外国人が簡単に支援を要請できるシステム
 「ハッピーサークル」の研究
・Webにおける多言語防災情報翻訳システムを実装済み
・ヒアリング、パラリンピック視察による情報収集
・支援のためのフレームワークの標準化を推進

C:介助は人員コスト削減が問題である。社会的、経済的に両立した
 提案をしてほしい
C:各国で介助のシステムが異なるので、世界標準化をしてほしい

============================================================
セションII 計画型研究開発「高度情報社会の脆弱性の解明と解決」
============================================================
------------------------------------------------------------
13:00 基調講演2 ユビキタス・コンピューティング時代のガバナンス
	坂村 健(東京大学教授)
------------------------------------------------------------
・今まで日本は要素技術型イノベーション(すり合わせ商品)が得意で
 あったが、今後はインフライノベーションに取り組むべきであり、
 世界にアピールする必要がある
・uIDアーキテクチャ説明
	固体識別番号として128bitのucodeをタグに格納し、
	その番号からネットワーク経由して情報を取得する
・ITスキルがなくても安心、安全に利用できるユビキタスインフラを
 提供する必要がある

------------------------------------------------------------
13:50 発表4 情報システムのハザードマップの試作
	村瀬 一郎(三菱総合研究所主席研究員)
------------------------------------------------------------
・情報システム事故のハザードマップシミュレーションの作成
	経済活動データや都道府県間データ通信量の統計情報を利用
・東京と地方都市で停電が起きた場合のシミュレーション
	防災ハザードマップと異なり、影響が遠隔地でも発生
	大都市と地方都市では影響度が異なる
	人的訓練、通信二重化、自家発電などの促進が必要
・今後は首都圏に絞ったモデルの検討

Q:シュミレーションの有効性は?
 停電による市民の行動や、有毒ガス発生などの2次災害の影響は?
A:中央防災会議発表のインフラへの影響度を考慮していく

------------------------------------------------------------
14:10 発表5 多重リスクコミュニケータの試適用と展開
	佐々木 良一(東京電機大学教授)
------------------------------------------------------------
・多重リスクコミュニケータは、個人情報漏洩のリスクなどの社会
 的なリスクにおいて、利害の対立する者の間で行われるリスク
 コミュニケーションを支援するツール
・多重リスクコミュニケータ開発
	- リスク間の対立を回避
	- 多くの関与者間の合意を得られる
	- 対策の最適な組み合わせを提示
・今後の課題
	- 制約条件値を簡単に設定できるようにする
	- 合意形成のための支援機能

------------------------------------------------------------
14:30 発表6 暗号危殆化リスクの解明と支援ツールの開発
	岡本 栄司(筑波大学教授)
------------------------------------------------------------
・暗号リスク
	- 特定のCAに集中
	- 画期的な暗号アルゴリズム攻撃手法の発見
	- 計算機能力の向上
・暗号利用者と提供者の間の合意のための
 暗号SLA(Service Level Agreement)の開発
	- 安全性や責任範囲の提示
・セキュリティ投資に関する経済的(Gordon-Loeb)モデルの実証実験

------------------------------------------------------------
15:10 発表7 DRM(著作権管理)に存在するリスクを考える
	山口 英(奈良先端科学技術大学院大学教授)
------------------------------------------------------------
・デジタルコンテンツ流通の促進と社会的リスクの提言および、
 DRMのあるべき姿
・デジタルコンテンツ流通量増加の戦略
	アナログコンテンツのデジタル化
	プロ、アマとわず創作の支援
・放送局、学校と連携して実証実験を計画
・種類ごとに異なるDRMの提案

Q:コンテンツの質が問題ではないか?
A:価値のあるものが売れるとは限らない
Q:低品質の被害は問題ないか?
A:低品質(モノクロ)のものは無料のものが多い

------------------------------------------------------------
15:30 発表8 非常時における情報通信システムについての検討
	大野 浩之(金沢大学教授)
------------------------------------------------------------
・非常時における各国の取り組みの調査
	日本:安否確認システムは有効だが、個人情報の扱いが難しい
	スウェーデン:SEMAによる危機管理
	米国:FEMAによる危機管理
	東南アジア:法制度など不十分
・赤十字国際委員会の考え方
	活動の10%は通信等の技術面だが、90%は経験、知見に
	裏打ちされた救援、救済等の人的活動である

------------------------------------------------------------
15:50 発表9 政策・法律に係わる課題と提言
	江連 三香(三菱総合研究所研究員)
	土屋 京子(三菱総合研究所研究員)
------------------------------------------------------------
・Winny、Phishing、Spywareによる個人情報流出が問題
・金銭被害を伴わないフィッシングは、著作権法や不正アクセス
 禁止法違反で対応(詐欺罪に問われない)
・ID、パスワードを入手しただけでは不正アクセス禁止法違反に
 問われない(それを利用してアクセスした場合のみ違反)
・スパイウエアは不正アクセス禁止法と電子計算機使用詐欺違反で
 対応(スパイウエアを作成しただけでは罪にならない)
 →法改正(ウイルス製造罪)が国会で審議中
・米国では連邦法と州法があるが、州法は州毎に異なる
・EUではフィッシングについての立法の動きはない。スパイウエアに
 関しては法律がある。
・日本での法整備を提言していく

Q:海外サーバの場合の法適用は?
A:国際レベルの法律が必要である。米国は州法が州毎に異なるので
 適用が難しい。そのため連邦法レベルでの立法が検討中である

============================================================
セションIII 座談「複雑化する社会と情報そしてガバナンス」
============================================================
------------------------------------------------------------
16:30 座談
	座長:土居 範久(中央大学教授)
	参加者:北城 恪太郎(経済同友会代表幹事)
		清原 慶子(三鷹市長)
		坂村 健(東京大学教授)
		東倉 洋一(国立情報学研究所副所長)
------------------------------------------------------------
東倉:ユビキタスには光と影があり、光を最大化、影を最小化する
	ための研究テーマが必要。
坂村:ガバナンスという言葉の定義が難しい。
北城:企業ではコーポレートガバナンスが有名。社内にも悪意ある
	人間がいることを前提としたリスク管理が必要。
清原:三鷹市ではISMS、BS7799の取得をした。情報資産の洗い出しや
	人材育成、官民共同が課題。国のバックアップが必要。
坂村:組織によってセキュリティポリシーが異なるので、
	その調整が難しい
東倉:不完全なシステムでも導入して、改善していくしかない
坂村:システムは不完全なものであるという認識が必要。人間心理学
	や法的な対策も必要。
坂村:企業は標準化作業をもっと重要視してほしい

ページトップへ戻る

Copyright © 2006 Institute of Systems & Information Technologies/KYUSHU. All Rights Reserved.