The 6th ISIT-ETRI Joint Workshop

第2研究室 > 研究交流活動 > The 6th ISIT-ETRI Joint Workshop
Date:4th, December, 2010
Place:Haeundae Grand Hotel (海雲台グランドホテル)・韓国・釜山市(Busan)
Participant:
  ETRI:Do-Won Hong(Head Principal Member & Ph.D), SungKyong Un(Principal Member), Nam-Su Jho(Ph.D),
	Youn-Hee Gil(Senior Member), Joo Young Lee(李珠榮, Senior Member), Taekyoung Youn, et al.
  Pukyong National Univ.:Youngho Park(PostDoctorCourse / Ph.D)
  ISIT:櫻井幸一(Kouichi Sakurai), 高橋健一 (Ken'ichi Takahashi), 江藤文治(Fumiharu Etoh)
  Kyushu Univ.:Chul Sur(PostDoctorCourse / Ph.D)


We held on 6th ISIT-ETRI Joint Workshop.

■Sat. 4th, Dec.

[Opening: 10:30〜10:50]
(1) Opening and welcoming address
  - Do Won Hong
(2) Address in reply
  - Kouichi Sakurai

[Session T: 10:50〜12:00]
(1) The future of digital forensics
  - Sungkyung Un, (ETRI)
Q1:Smart Phone ForensicやCloud Forensicへは既に着手しているのか?
A1:Smart Phone Forensicは来年対応予定.
Q2:"Forensic Cloud Technology Framework"は国際標準化を考えているのか?
A2:来年度に提出予定であり、現在準備中.
Q3:storeデータとしての重要性はどうやって判断するのか?
A3:ファイル生成に必要か否かの重要性で判断する.

(2) Security as a service for user customized data protection
  - Kenichi Takahashi, (ISIT)
Q1:提案メカニズムは一般へも提供可能か?
A1:提供可能.
Q2:クラウド上で、パスワードをどうやって制御するのか?
A2:パスワード等のキー情報ではなく、ユーザが提供する情報の処理方法を指定、又は利用方法を制限する.


[Session U: 13:40〜15:10]
(1) Order preserving encryption
  - Namsu Jho, (ETRI)
Q1:Plaintext Guessing Attackの評価で、"1% error"の場合の推測成功率が高くなっている理由は?
A1:"1% error"時は「大まかに推測できれば成功」とし、error無し時は「完全一致で成功」としている.

(2) A study of communication route selection with consideration of security evaluation
  - Fumiharu Etoh ,(ISIT) (pdf)
Q1:提案のシミュレーションは今後の課題であるが、既存研究では評価又は実装は行われているか?
A1:I.A.Almhergらの研究の式はその内容から評価可能なレベルである. 発表内容から実装は未実施と考える.

(3) Digital forensic index search
  - Jooyoung Lee, (ETRI)
Q1:Inded Generation ProcedureでS/W解析とH/W解析は共通辞書を使用しているが機能的な差分は何か?
A1:機能的な差分はない. 処理速度のみ異なる.
Q2:基本的に、本機能は容易に適用可能か?
A2:可能. 現地化(ハングル対応)を実現可能である.


[Session V: 15:30〜17:00]
(Taekyoung Youn) - Conditional privacy preserving authentication in VANETs (Chul Sur) (1) Bucket index ordering problem in range query
  - Taekyoung Youn, (ETRI)
Q1:暗号技術か?
A1:データアクセス制御のrandom化技術、暗号化

(2) Conditional privacy preserving authentication in VANETs
  - Chul Sur ,(Kyushu Univ.)
Q1:VANETs実現の為のインフラ構築コストは誰が負担するのか?
A1:高い安全技術に対するユーザ要求が出てくれば、使用されると推測する(ユーザ負担か?).

(3) Authentication Mechanisms of Personal Identity Verification System
  - Youngho Park, (Pukyong National Uviv.)
Q1:韓国政府はPIVを導入する予定があるのか?
A1:具体的な導入計画は認識していない.


br> [Colsing: 17:00〜17:30]
(1) Discussion
  - Do Won Hong, Kouichi Sakurai, et al




On December 4, A souvenir picture after the workshpo.


Copyright © 2010 Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies. All Rights Reserved.