The 2nd International Joint Workshop on Information Security and Its Applications

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
日時:2007年2月5日(月)(9:50〜17:30),6日(火)(10:00〜15:50)
場所:Hotel Ibis(韓国ソウル市ミョンドン)  
参加者:
韓国高麗大学(KORIA UNIVERSITY)(CIST):Prof.Hyoung Joong Kim, Dr.Dong Hoon Lee, 研究室学生
成均館大学(SKKU):研究室学生
韓国大邱サイバー大学(DAEGU UNIVERSITY):Dr.Yong-Sork Her 
ETRI:Dr.Dowon Hong, Dr.KYO-IL CHUNG  Dr.Tae-Jun Park
はこだて未来大学:高木剛教授
KDDI:田中敏昭,清本晋作,福島和英
九州システム情報技術研究所(ISIT): 櫻井幸一,上繁義史,高橋健一,藤井雅和
九州大学: 今本健二,王玉峰,蘇春華
参加者(約40名)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【概要】 
◆プログラム:
2月5日(月)
09:50〜10:00 開催の挨拶
10:00〜12:30 Session 1
12:30〜13:30 昼食
13:30〜15:30 Session 2
15:30〜16:00 休憩
16:00〜17:30 研究所紹介
2月6日(火)
10:00〜12:00 Session 3
12:00〜13:30 昼食
14:30〜15:50 Session 4(ポスター)
プログラム詳細:http://cist.korea.ac.kr/IJWISA2007/English/pgm.html
-------------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆講演概要: --------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
●Session 1(2/5 10:00〜12:30)
 座長:Sundaram Suresh
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
▼招待講演タイトル:"Efficient and Secure Implementation of Pairing BasednCryptsystems"
 講演者:高木剛教授(公立はこだて未来大学)

 概要:ペアリング方式の暗号システムの評価とその実装について説明がされた。
      

▼発表タイトル:"On-line / Sequential Learning Neural Algorithm for Robust Object Tracking"
 研究者:Sundaram Suresh, ZHyoung-Joong Lim

 概要:ビデオ解析における移動オブジェクトに対してニューラルネットワークを使い、色情報に
    基づく逐次学習を行い、動いているオブジェクトを識別する手法について提案している。


▼発表タイトル:"An Invariant Image Watermarking Algorithm to Geometric Attacks"
 研究者:Shijun Xiang, Hyoung Joong Kim 

 概要:ブラインド電子透かしを想定して、画像のクロッピングのような幾何学的攻撃、
    ランダムシフトに対して耐性を持つ電子透かしについて提案している。


▼発表タイトル:"Changing Partnars Techinique in Reversible Steganography" 
 研究者:Jae-Hyon Woo, Hyung Joong Kim, Vasiliy Sachnev, Su-Jeong Choi

 概要:画像を小ブロック単位に分割し、ブロック境界のラインで画素差分が小さいことを
    利用して、輝度値のペアを構成し、その交換によって埋め込みを行う手法を提案している。


▼発表タイトル:"Proposals on attack-resistant group-based trust metrics and scalar trast-based 
         socialfeatures of trust graph in P2P environment"
 研究者:Yufeng Wang,Yoshiaki Hori, Kouichi Sakurai

 概要:P2Pのような分散型のネットワークにおける、ノード間の信頼の度合いを記述する
    trust行列の構成法について提案している。


▼発表タイトル:"Optimization of Key Management Schemes for Broadcasting Service Model"
 研究者:Kazuhide Fukushima, Shinsaku Kiyomoto, Toshiaki Tanaka, Kouichi Sakurai

 概要:グループに対する効率的な暗号鍵管理を行うため、ネットワークモデルをスター型、
    デルタ型の混成によって構成し、鍵管理サーバ、クライアントの計算負荷を低減する手法に
    ついて提案している。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
●Session 2(2/5 13:30〜15:30)
 座長:Dowon Hong(ETRI)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

▼発表タイトル:"Continuous Person Tracking using Two Cooperative Active Cameras"
 研究者:P. Amnuaykanjanasin, S. Aramvith, T.A.Chalidabhongse

 概要:動き検出と色空間識別をベースに、人の肌領域を特定し、画像内で移動する人間の領域を抽出、
    トラッキングする手法について提案している。


▼発表タイトル:"Randomization Based Private Clustering Analysis in Distributed Environments"
 研究者:Chunhua Su, Jianying Zhou, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai

 概要:分散データベースの個人情報に関するデータマイニングにおいて、登録者のプライバシを保護
    するために、データマイニングの結果に影響を与えない範囲で、登録者の情報に摂動を与えて、
    データ処理者に与える手法を提案している。


▼発表タイトル:"Analysis of the vulnerability in the WiBro"
 研究者:Sung Jun Yoon, Hyun Seung Park, Sun-Hee Lim, Okeyon Yi, Jongin Lim

 概要:ワイヤレスブロードバンド向けプロトコル802.16e(WiBro)の攻撃手法と脆弱性について解析した。


▼発表タイトル:"Cryptographic Infrastructures based on a Unique Device with Tamper-Resistant"
 研究者:Kenji Imamoto, Hiromi Fukaya, Kouichi Sakurai

 概要:耐タンパデバイスとそれに設定されたユニーク値を仮定した、ユーザIDを用いた鍵共有を用いない
    共通鍵ベースの暗号化方式ISTを提案している。


▼発表タイトル:"An Efficient and Secure License Sharing Scheme for Authorizes Domain DRM"
 研究者:Donghyun Choi, Yunho Lee, Seungjoo Kim, Dongho Won

 概要:同一のドメイン内でのコンテンツDRMを達成すべく登録・失効メカニズムを効率化する手法を提案
    している。
		
▼発表タイトル:"An Approach 0f Trusted Program Generation for User-Responsible Privacy"
 研究者:Ken'ichi Takahashi, Zhaoyu Liu, Kouichi Sakurai

 概要:利用者サイドが信頼するプログラムを用いた,個人情報提供のフレームワークと,構成例に
    ついて示している。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
●研究所紹介(2/5 16:00〜17:30)
 座長:Prof. Hyoung-Joong Kim( CIST, Korea University)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
研究所:財団法人 九州システム情報技術研究所(ISIT)
紹介者:上繁義史
URL:http://www.isit.or.jp

研究室:Korea University
紹介者:Prof. Hyoung-Joong Kim( CIST, Korea University)
URL:http://cist.korea.ac.kr

研究所:株式会社KDDI研究所(KDDI R&D Laboratries Inc)
紹介者:田中俊昭
URL:http://www.kddi.com

研究室:九州大学(Kyushu University)
紹介者:今本健二
URL:http://sun.csce.kyushu-u.ac.jp

研究所:ETRI
紹介者:Dr. Dowon Hong
URL:http://www.etri.re.kr

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
●Session3(2/6 10:00〜12:00)
 座長:Su-Jeong Choi
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
▼発表タイトル:"A Word-Oriented Stream Cipher Using Dynamic Feedback Control"
 研究者: Shinsaku Kiyomoto, Toshiaki Tanaka, Kouichi Sakurai 

 概要:モバイル機器向けストリーム暗号K2の理論・実装についての紹介がされ、動的フィード
    バック制御システムを構成について提案している。

▼発表タイトル:"Role-Based Delegation with Transitivity"
 研究者:Tae-Jun Park, DoWon Hong, Kyo-Il Chung
  
 概要:Compliance Checkerを中核とするTrust Managementシステムを構成し、オープンネット
    ワーク向けのアクセス制御を提案している。

▼発表タイトル:"A Protection Profile for the Access COntrol Based Database Security System in Sniffing Mode"
 研究者:Woongyrul Jeon, Heasuk Jo, Yunko Lee, Seungjoo Kim, Dongho Won

 概要:DBのセキュリティとして、アクセス制御ベースのセキュリティプロファイルを提案している。

▼発表タイトル:"A Proposal of Secure Biometric Template Database with Shuffling Address of Template Elements" 
 研究者:Yoshifumi Ueshige, Kouichi Sakurai

 概要:テンプレートの要素のアドレスをシャフルすることで生体認証データベースを堅牢にする手法を提案
     している。

▼発表タイトル:"A Study on Security Specification for Conversion Technologies of Heterogeneous DRM System"
 研究者:Heasuk Jo, Kongho Son, Yunho Lee, Seungjoo Kim, Dongho Won
  
 概要:複数種類のDRM技術を用いた場合の,変換技術のセキュリティ要件を明確化し,保護プロファイル
     (Protection Profile)を提案−ETRI提案のEXIMを改良したPPを提案している。

▼発表タイトル:"Near-Collision-Attack on Double Block Length Compression Functions based on the Block Cipher IDEA"
 研究者:Donghoon Chang, Jaechul, Seokie Hong, Sangjin Lee
  
  概要:AESのような鍵長128ビットのブロック暗号化関数を用いて、160ビット以上のハッシュ値を求めるために、
    2個のブロックに対する暗号化法を用いた圧縮関数を提案している。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
●Session4(ポスター)(2/6 14:30〜15:50)
 座長:Shijun Xiang
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
		
▼ポスタータイトル: "A Study on Advanced Zoning Method of SAN"
 研究者:Haelahng Choi, Hanjae Jeong, Byunghee Lee, Seungjoo Kim, Dongho Won

 概要:分散型のストレージ(Storage Area Network)において、クライアントからのアクセスを振り分ける
    スイッチングの機能に加えて、各ストレージに権限情報を持たせておくアーキテクチャを提案している。

▼ポスタータイトル:"Cleaning Policy for Secure Deletion of Data from Flash Memory in Mobile Phone" 
 研究者:Woongryul Jeon, Heasuk Jo, Seungjoo Kim, Dongho Won 

 概要:携帯電話向けのフラッシュメモリのデータ消去におけるセキュリティポリシーと安全性の程度について
     提案・検討を行った。
		
▼ポスタータイトル:"Weak Key Classes of a Reduced-Round MISTY for Related-Key Attacks"
 研究者:Eunjin Lee, Deukjo Hong, Changhoon Lee, Jaechul Sung, Changhean Kang

▼ポスタータイトル:"On the combination of functionalities for secure protocols"
 研究者:Kenji Imamoto, Tadashi Araragi, Kouichi Sakurai