韓国浦項工科大学/韓国高麗大学との共同ワークショップ

第2研究室 > 研究交流活動 > 韓国浦項工科大学/韓国高麗大学との共同ワークショップ
日時:2006年8月28日(14:00〜18:20)、 29日(10:00〜12:00)
場所:韓国 ソウル 高麗大学 
参加者:韓国浦項工科大学:Prof. Pil Joong Lee,Prof. Jong Kim,Prof. Sungje Hong,研究室学生
韓国高麗大学:Prof. Heejo Lee,研究室学生
韓国釜慶大学:Prof. Heejo Lee,研究室学生
九州システム情報技術研究所(ISIT): 櫻井幸一,高橋健一,Erwan Le Malecot
九州大学: 今本健二,王玉峰,蘇春華,長野文昭

【概要】
------------------------------------------------------------------------------------
Friday, July 28

14:00-15:00 Cryptography I (Chair : Piljoong Lee)

発表タイトル: "Update protocol for distributed content and license with added version field in
content and license format"
発表者: Do Won Nam (POSTECH)

概要: インターネットでコンテンツを販売するときに、コンテンツのライセンスに利用時間制限を
設け、それをアップデートするための効率のよい方式が提案された。

 
発表タイトル:"Performance comparison of finite fields with small characteristic"
発表者: Yeon Hyeong YANG (POSTECH)

概要: 有限域における演算を実現するための各種の暗号アルゴリズムを分析している。

発表タイトル:"Authentication and Restoration of Biometric Image using Reversible Watermarking",
発表者: Hye Rhan Lee (PKNU)

概要:逆変換できるWatermarkingを用いて、安全な生体画像の認証と復元の方式が提案された。

15:00-16:00 Cryptography II (Chair : Kyunghyune Rhee)

発表タイトル: "Side channel attack on RSA"
発表者: Jong Hoon SHIN (POSTECH)

概要: RSAに対するサイドチャネル攻撃について検討している。

発表タイトル: "Improved RVEA for MPEG-2 Video Encryption"
発表者: Deepak Kafle (PKNU)

概要:MPEG-2向けの暗号方式を提案し、いくつかの実装方法との長所と短所の比較がされている。

発表タイトル: "Cryptographic Infrastructures based on a Unique Device with Tamper-Resistant",
発表タイトル: Kenji IMAMOTO (KSU)

概要: 耐タンパデバイスとID-based暗号を使った暗号方式について紹介している。

16:40-18:20 Network Security (Chair : Heejo Lee)

発表タイトル: "Improving resiliency of network topology with enhanced evolving strategies"
発表者: Soo Kim (Korea Univ)

概要: 既存のネットのトポロジーにおけるネットワークの故障耐性について比較し、
最適なネットワークの性能を実現する方式を提案している。

発表タイトル: "Visualization for Network Traffic Monitoring and Analysis."
発表者: Erwan Le Malecot (ISIT)

概要:ネットワークトラフィックの視覚化ツールの実装とその紹介。

発表タイトル: "BASE : An Incrementally Deployable Mechanism for Viable IP Spoofing Prevention"
発表者: Minjin Kwon (Korea Univ.)

概要:IP Spoofing攻撃からの保護手法を提案している。

発表タイトル:  "Securing distributed networks using trust and reputation: challenges and solutions"
発表者: Wang Yufeng,KSU/ISIT

概要: 1. Background: put emphasis on effect of selfishness on open networks
(unique to open networks); the concept of soft security.
2. the proposed architecture of trust and reputation, each component, and
challenge. 
3. reputation ratings and trust model, quantitative matrics used to evaluate
real trust and repuation system.

発表タイトル: "Polymorphic-code detection based on instruction distribution",
発表者: Kihun Lee (POSTECH)

概要: 侵入検知手法の提案。

Saturday, July 29

10:00-11:00 Application Security I (Chair : Jong Kim)

発表タイトル: "Multi-party Privacy-Preserving Agglomerative Document Clustering",
発表者: Chunhua SU (KSU)

概要:
n個の参加者がいて、それぞれ自分のドキュメントデータベースを持つ。ドキュメントの内容を
最大限に保護されるまま、集約クラスタリングの手法を提案している。

発表タイトル:  "Dynamic Positive Model Organization for Profile-based Web Application Security",
発表者: Kyungtae Kim (POSTECH)

発表タイトル: "A Framework for the User-Oriented Personal Information Protection"
発表者: Ken'ichi Takahashi (KSU)

概要:ユーザが個人情報の利用の方法として安全と考える仕組みを個人情報の利用者に
送信し、そのプログラムで個人情報を利用してもらうことで個人情報を保護するための方式を提案している。


11:00-12:00 Application Security II (Chair : Kouichi SAKURAI)

Fumiaki Nagano, 発表タイトル: "A SQL Injection Defense technique using Randomization", KSU/ISIT.
Euijin Choo, "Secure media transmission", Korea Univ.

概要: ユーザのパースワードを狙ったSQL攻撃を防止するためにユーザ名と
パースワードをランダム化する方式を提案している。

発表タイトル: "Security Countermeasure Design Method in General Information Systems",
発表者: Tai-hoon Kim

安全性のレベルの定義に応じて、セキュリティの管理を行うための指針を検討している。