第1回九州IT-Officeセキュリティ検討会

[English Page]
第2研究室 > 九州IT-Officeセキュリティ研究会 > 第1回九州IT-Officeセキュリティ検討会
地元九州のITセキュリティの研究開発・ビジネス展開における産官学の連携推進の一環として、
ISIT第2研究室では「九州 IT-office セキュリティ検討会」を設立致します。
第1回として、韓国のネットワークセキュリティ研究の第一人者である柳 忠南大教授と
対スパムメールシステムで韓国トップのシェアを持つJiran-Softの呉 CEO兼社長の講演会を開催致しました。
当日は多くの方々に参加頂き、予定時間ぎりぎりまで活発な質疑もなされました。

日時:2005年8月1日(月) 15:00〜18:00
会場:福岡SRPセンタービル2F 視聴覚研修室

【プログラム】
15:00-15:10 本検討会発足に関して
    櫻井 幸一 (九大教授・ISIT第2研究室室長)

    挨拶 小宮 司 (ISIT専務理事)
         北嶋 昭三 (福岡市経済振興局課長)
         的野 律子 (福岡県国際経済観光課国際ビジネス担当)

15:10-16:20
    講演:「韓国における情報セキュリティの現状」
    講師:柳 在哲 教授 (大韓民国 国立忠南大学校)


16:30-17:40
    講演:「ベストなスパム対策ソリューションに何ができるか?」
    講師:呉 治泳 CEO兼社長 (Jiransoft Co., Ltd.)


17:40-18:00
    討論

【講師略歴】
◆柳 在哲 教授(大韓民国 国立忠南大学校)
1985年 ハンナン大学を卒業
1988年 アイオワ州立大学にて修士号取得
1990年 ノースウェスタン大学にて Ph.D 取得
1991年より 忠南大学校電気・コンピュータ工学部
現在、同学部教授

◆呉 治泳 CEO兼社長(Jiransoft Co., Ltd.)
1995年 2月  忠南大学校卒業
1993年12月  三星ソフトウェア
1994年 9月  Jiransoft Co., Ltd.設立
1994年12月  三星エキスパート賞受賞
2000年 2月  デジョン市よりNew Intellectual賞受賞
2001年 6月  Small and Medium Business AdministrationよりNew Intellectual賞受賞
現在、Jiransoft Co., Ltd. CEO兼社長
      Kooksolmo(韓国ITソリューションCEOメンバーシップ)メンバー,
      MSocietyメンバー,GoodSoftware認証企業協会メンバー

【講演概要】
(1) 韓国における情報セキュリティの現状
  今日、韓国は過去数十年にわたる IT 産業への多大な投資の
結果として世界でもっとも IT インフラの発達した国の一つと
なっています.さらにこの動きは様々な分野に広がりを見せ,
ユビキタス社会の推進剤となっております.しかしながらその
反面で一般ユーザをサイバーテロの脅威に晒すことになってお
り,国を挙げての情報セキュリティが前面に出るようになりま
した.
  韓国政府は Slammer ワームによる攻撃や主要な政府機関への
ハッキングを経験して情報セキュリティの重要性を認識しました.
韓国政府は IT で世界に先駆的な立場を引き受けるために様々な
事業を推進しています.
  この講演では韓国の情報セキュリティの現状についてご紹介し
ます.最初にブロードバンドの浸透などに見られる IT に関する
様々な統計を簡潔にご紹介したいと思います.さらにコンピュー
タウィルス,ワーム,ハッキング,スパムメールなどを含めて情
報化指向の社会に向かうことによる損害について概観するととも
に韓国における情報セキュリティシステムや関連する法律,規制
についても概要をご紹介いたします.また,韓国における情報セ
キュリティ関連の研究機関(NCSC,KISA,ETRIなど)を紹介しま
す.加えて韓国の情報セキュリティ産業のスコープや約150を数え
る情報セキュリティ関連企業の最近の財務状態を紹介いたします.

(2) ベストなスパムメール対策ソリューションに何ができるか?
  スパムメールの量とそれに関連して発生するコストが共に上昇
を続ける中で組織はさらにアンチスパムソリューションを要求し
ています.企業におけるスパムの増加の主な理由として以下のよ
うなことが挙げられます.

1)企業において通信手段として電子メールの利用が増大したこと
2)スパマがスパムの経済的利益を得ていること
3)スパマの技術的能力が向上していること

  スパムの量とパーセンテージの両方がITのリソースやビジネス
の生産性を奪っており,エンドユーザはよりパワフルなアンチス
パムのソリューションを探している状態です.
  韓国では世界でもっとも発達した IT インフラを持っており,
スパマはその利便性を利用しています.このことは韓国が世界に
おいて最高のスパム源となっていることに現れています.
  この講演は3つのパートから構成されます.最初は世界のアンチ
スパム市場の規模やスパムに関する勧告の現在の立場を交えながら
アンチスパム市場での問題や関連する課題について議論します.
つづいて,韓国でトップのアンチスパムソリューション 
SpamSpiner(Jiransoft社)について紹介し,なぜ韓国最高の
ソリューションとなっているのかご紹介いたします.最後に
皆さんに SpamSpiner をご覧いただきたいと思います.

Copyright © 2006 Institute of Systems & Information Technologies/KYUSHU. All Rights Reserved.