ISIT Index
ISIT定期交流会 Index
第69回 ISIT 定期交流会

■日 時 平成22年12月13日(月)
講演会         14:00〜16:00
パネルディスカッション 16:10〜17:00
交流会         17:00〜18:00

■会 場
福岡SRPセンタービル(ももちキューブ)2階 SRPホール
(福岡市早良区百道浜2丁目1−22)

■テーマ
「はやぶさ帰還の衝撃」

なお、今回は九州日本電気ソフトウェア株式会社様のご厚意により 交流会に参加された方に対して、抽選で25名に「はやぶさ」の プラモデル(写真)を進呈いたしました。

(1)講演会 14:00〜16:00
■テーマ1:太陽系大航海時代の幕明け
            〜 「はやぶさ」を継ぐもの 〜

  ◇講 師
    日本電気航空宇宙システム株式会社 
    宇宙・情報システム事業部 シニアエキスパート 
               小笠原 雅弘(おがさわら まさひろ) 氏
  
    ◇講演概要 
     2010年6月13日。7年、60億kmにも及ぶ旅をして「はやぶさ」が
    地球に還ってきた。同じ頃「あかつき」「イカロス」が新たな旅
       に出た。これからの10年、「はやぶさ」を継ぐものたちが、月へ、
       水星/金星/火星へ、そして新たな未知の小惑星へ、太陽系の様々
       な天体へ旅立とうとしている。
    かつて航海者たちが未知の大海原へ出港して行った「大航海時代」
    のように。

   ◇講師プロフィール
    小笠原 雅弘(おがさわら まさひろ) 氏
     NEC、チーム「はやぶさ」メンバー。航法誘導系、特にイトカ
        ワへの着陸に使われたターゲットマーカやフラッシュランプを手が
        けるとともに、軌道姿勢系部門の長として、チームのまとめ役をつ
        とめた。
       1985年にはじめてハレー彗星へ旅した「さきがけ」をはじめ、ス
        イングバイ技術を修得した「ひてん」、月のハイビジョン映像を地
        球に送り届けた「かぐや」など日本の太陽系探査衛星にずっと携わ
        ってきたエンジニア
       現在、NEC航空宇宙システムのシニアエキスパート


  ■テーマ2: 九州の小型衛星開発をめぐる動向について
   
    ◇講 師
        九州航空宇宙開発推進協議会 幹事長  
      ((有)QPS研究所 取締役・所長)
                             八坂 哲雄(やさか てつお) 氏
    
    ◇講演概要 
        金星探査機あかつきのピギーバックで打ち上げられた
     「鹿児島衛星(ハヤト)」、文科省の超小型衛星研究開発事業に採択
     された「QSAT−EOS」、九州工業大学の創立100周年記念衛星
   「鳳龍」など、近年、大学主導で行われてきた小型衛星開発が、地元
     企業の技術協力を得て、活性化してきている。
      そこで、産学連携による小型衛星の開発・利用をめぐる取り組みや
   今後の展開について紹介した。

  ◇講師プロフィール
    八坂 哲雄(やさか てつお) 氏
     1972〜1974年 東京大学宇宙航空研究所 助手
     1974〜1994年 NTT研究所
     1994年〜   九州大学教授
     2005年〜   現職
     この間、スペースデブリ(宇宙ゴミ)・モデリングの研究、
     軌道変換機の研究、小型人工衛星の研究開発を推進

(2)パネルディスカッション 16:10〜17:00
〔パネリスト〕
 ・日本電気航空宇宙システム 宇宙・情報システム事業部 
  シニアエキスパート           小笠原 雅弘(おがさわら まさひろ) 氏

 ・九州航空宇宙開発推進協議会 幹事長
  ((有)QPS研究所 取締役・所長)  八坂 哲雄 (やさか てつお) 氏

  ・株式会社 テクノアート 
  代表取締役               松脇 秀三郎(まつわき ひでさぶろう) 氏
  
  ・財団法人九州先端科学技術研究所 
    生活支援情報技術研究室 室長    有田 大作(ありた だいさく) 氏

〔コーディネータ〕
  ・九州大学大学院システム情報科学研究院 
    教授                 福田 晃(ふくだ あきら) 氏


■主 催
財団法人九州先端科学技術研究所(九州先端研ISIT)

■共 催
九州地域組込みシステム協議会(ES-Kyushu)

■協 賛
IEEE Computer Society Fukuoka Chapter

■後 援 福岡市

■参加者 61名