―シーサイドももち発―
「マルチメディア市民講座」 のご報告


「マルチメディア市民講座」では、 コンピュータと社会との関わりを身近な話題の中から展望するとともに、 九州システム情報技術研究所(ISIT)の研究内容などを紹介します。

平成17年度「マルチメディア市民講座」のご報告

情報通信月間参加行事
■日 時 : 平成17年5月15日(日) 13:30〜16:00

■会 場 : NTT夢天神ホール (岩田屋本館7階)

■参加者 : 51名

■主 催 : 財団法人 九州システム情報技術研究所(ISIT)

■後 援 : 福岡市、福岡市教育委員会

■協 賛 : 情報通信月間推進協議会

■テーマ : 「あなたのプライバシー、護られてますか?」
         〜情報化社会でわが身を護るIT技術の展望〜


・基調講演
テーマ 「暮らしのセキュリティとバイオメトリクス」

 最近、金融機関やカード会社の正式なホームページを装い、アクセスした 人から暗証番号を盗み取るオンライン詐欺「フィッシング」などの事件が多発 しています。また顧客情報漏えいなどの個人情報が流失したというニュースは 枚挙にいとまがありません。今後もさらに個人の権利と利益を守るための 情報保護管理体制の強化が求められています。
 本講演では、個人情報の漏えいや不正使用を防止する数あるセキュリティ 技術の紹介と、いま最も注目を集めているバイオメトリクス技術(生体認証)に スポットをあて、その認証技術の概要や社会的な背景、またプライバシー保護へ の今後の課題などさまざまな視点から情報化社会の安全について考えました。

講 師  瀬戸 洋一 氏
      株式会社 日立製作所 主管研究員

講演資料(瀬戸氏): PDFファイルは、こちら

◇プロフィール◇
1979年 慶応義塾大学大学院終了(電気工学専攻)
同年、(株)日立製作所入社、システム開発研究所配属、衛星画像処理技術、 医療情報処理技術、地理情報処理技術、情報セキュリティ技術の研究開発 を担当。
セキュリティ研究センタ副センタ長、セキュリティビジネスセンタセンタ長 を歴任後、
現在、同研究所ユビキタスセキュリティ担当の主管研究員として勤務。

著書に「サイバーセキュリティにおける生体認証技術」(共立出版)、 「ユビキタス時代の情報セキュリティ」(日本工業出版)、 「情報セキュリティ事典」(共立出版)など。


・研究紹介
テーマ 「なぜ、バイオメトリクス?」
        〜ネット社会で「私であること」を証明するために〜 

 最近、本人確認のための技術として、一人ひとりの固有の生体情報を使った 本人確認の仕組み(バイオメトリクス認証)が、身の回りで徐々に増えてい ます。 たとえば一部の銀行が、掌の静脈パターンで本人確認を行なうATMを採用した ことや、顔写真や指紋、虹彩などの生体情報が記憶されたICチップを埋め込んだ パスポートが、使用される予定であることからも、これを伺うことができます。
 今回の講座では、バイオメトリクス認証がなぜ?使えるのか、使うときに何に 注意したら良いかなど、ISITでの研究を具体的な事例を交えながらご紹介しました。

講 師  上繁 義史
      (財)九州システム情報技術研究所(ISIT) 第2研究室・研究員

講演資料(上繁研究員): PDFファイルは、こちら

◇プロフィール◇
1997年3月 九州工業大学大学院工学研究科(電気工学専攻)卒業
1997年4月 国立鹿児島工業高等専門学校に電気工学科助手として勤務。
2000年4月 講師に昇任
2001年4月 助教授に昇任
2003年4月 (財)北九州産業学術推進機構に知的クラスタ招聘研究員として
                  勤務。早稲田大学理工学総合研究センター九州研究所
                  客員研究員(1年間)
2004年4月 (財)九州システム情報技術研究所に第2研究室研究員として入所。
                  現在に至る



平成16年度「マルチメディア市民講座」のご報告

情報通信月間参加行事
■日 時 : 平成16年5月29日(土) 午後1時30分〜4時45分

■会 場 : NTT夢天神ホール (岩田屋本館7階)

■参加者 : 116名

■主 催 : 財団法人 九州システム情報技術研究所(ISIT)

■後 援 : 福岡市、福岡市教育委員会

■協 賛 : 情報通信月間推進協議会

■テーマ : 「システムLSIって、何だ!」
         〜システムLSIの普及で、私たちの生活、情報化社会はどう変わるか〜


・基調講演


テーマ 「プロジェクトQ:システムLSIを用いた新しい社会基盤の構築」


  システムLSIは、21世紀の新しい社会基盤を構築する基本要素です。 特に、個人の認証や電子マネー、無線タグなど新しい形の利用形態が提案され、 経済システムを初めとする各種社会システムの基盤を構成する技術となってきました。
 本講演ではシステムLSIを用いた安全で信頼のおける次世代社会の構築についてお話しました。
 また次世代社会の試みとして、IDカードを使って、証明書の発行や図書館などの入室の管理、 成績管理などを行おうとする九州大学の「プロジェクトQ」計画をあわせて紹介しました。

 関連の情報は、下記のホームページにあります。ご興味があればご参照下さい。
  http://www.slrc.kyushu-u.ac.jp


講 師  安浦 寛人 氏
      九州大学 システムLSI研究センター長


◇プロフィール◇
昭和51年京都大学工学部情報工学科卒
昭和53年京都大学工学研究科修士課程(情報工学専攻)修了
昭和55年より京都大学工学部助手、京都大学工学部電子工学科助教授を経て、
平成3年より九州大学大学院総合理工学研究科情報システム学専攻教授
平成8年より九州大学大学院システム情報科学研究科情報工学専攻教授
平成12年より九州大学大学院システム情報科学研究院情報工学部門教授
平成13年4月より九州大学システムLSI研究センターセンター長
(その他として)
昭和60年6月9日より昭和61年3月31日米国カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員
昭和64年1月より平成4年10月京都高度技術研究所非常勤研究員
平成7年12月から13年3月九州システム情報技術研究所非常勤研究室長を兼務
平成13年12月より福岡システムLSIカレッジの校長を兼務


・研究紹介


テーマ 「私たちの暮らしとシステムLSI」


  私たちの身の回りにあるデジタルカメラのような家電製品から高度道路交通システム(ITS)まで、あらゆる分野で電子化、情報化 が進んでいます。 このような電子化を押し進める上で、高い機能と性能を備えた製品を私たちが安い値段で利用できるように、システムLSIの研究開発が進められています。
 本講演ではシステムLSIと私たちの暮らしとの関わりについて紹介しました。


講 師  杉原 真
      (財)九州システム情報技術研究所(ISIT) 第1研究室 研究員


◇プロフィール◇
1996年3月 九州大学工学部情報工学科卒業
1998年3月 九州大学大学院システム情報科学研究科修士課程修了
2001年4月 日本学術振興会特別研究員DC2
2001年9月 九州大学大学院システム情報科学研究科博士後期課程修了
2001年10月〜 2002年3月
   九州大学大学院システム情報科学研究院 ポスドク研究員(日本学術振興会PD)
2002年4月〜2003年3月 デューク大学客員研究員
2003年4月〜 財団法人九州システム情報技術研究所研究員
2003年9月〜 九州大学大学院システム情報科学府客員助教授
現在に至る



平成15年度「マルチメディア市民講座」のご報告

情報通信月間参加行事
■日 時 : 平成15年5月25日(日)  午後1時30分〜4時30分

■会 場 : エルガーラ 7階 中ホール

■参加者 : 140名

■主 催 : 財団法人 九州システム情報技術研究所(ISIT)、福岡市立心身障害福祉センター

■後 援 : 福岡市、福岡市教育委員会、社団法人九州テレコム振興センター

■協 賛 : 福岡市視覚障害者福祉協会、福岡市聴力障害者福祉協会、情報通信月間推進協議会

■内 容 : 「障害者の快適な生活を求めて、ITをいかに活用するかを考える」

・基調講演

テーマ 「パソコンが広げるコミュニケーション」


  この20年の間に、我々の社会の中にコンピュータの種がまかれた後、急速に浸透し、今ではコンピュータなしには社会そのものが動 かなくなってしまいました。 私が 勤務してきた視覚障害者の訓練施設でも例外ではありません。 20年ほど前は、まだ視覚障害者用のワープロソフトもなく、カナタイプライターの訓練が盛んでした。 職場でも次第にパソコンが導入されだした頃、ワープロの訓練も始まりました。
 その後世には徐々に使い勝手の良いソフトが出てくるようになると、その後を追って障害者用ソフト・専用機器も改善されていきました。 そんな歴史をたどりながらコンピュータの活用が、障害者の方々の社会参加の大きな手段となっていく様子と、視覚障害者用以外のパソコンの活用についてお話 をしました。


講 師  中尾 格二郎 氏
      国立福岡視力障害センター 指導課長

福岡市に生まれる。日本社会事業大学研究科卒業後民間施設を経て、国立身体障害者リハビリテーションセンター、 国立函館視力障害センターなどで、ケースワーク業務とともに、歩行訓練・ワープロ訓練などに従事する。 昨年4月に50年ぶりに福岡の地に戻る。 現在、福岡視力障害センター指導課長。

・研究紹介

テーマ 「視聴覚障害者への遠隔からのコミュニケーション支援システムの実験的調査研究」
     ? 障害者の活動を支援するIT ?



  ISITでは、「誰でも」、「いつでも」、「どこででも」 ITを活用して快適な生活がおくれるようにするための技術に関する研究開発を進めています。
 今回、技術革新の著しいITが障害者の日常生活をより快適なものにしていくために、何が出来て何が課題であるのかを明らかにするため福岡市内で実証実験 を行ないました。 具体的には、PCや普及著しい高速ネットワーク、カメラ付携帯を用いた視覚障害者・聴覚障害者への遠隔からの「歩行支援サービス」「手話通訳サービス」実 現のための実験です。
 講演の中では、模擬実験を交えながら実証実験の結果を中心に、日常生活のワンシーンではありますが、現状のITでどのようなことが出来るのかを紹介しま した。


講 師  後藤 拓志
      福岡市立心身障害福祉センター リハビリテーション課 指導員


◇プロフィール◇
北九州市立大学法学部法律学科卒
1992年 福岡市社会福祉事業団
1994年 福岡市立心身障害福祉センターリハビリテーション課
       視覚障害訓練指導員(盲人歩行訓練士)


講 師  松本 三千人
      (財)九州システム情報技術研究所 第3研究室長


◇プロフィール◇
昭和52年 九州大学大学院修士課程修了
        日本電信電話公社入社(現NTT)
昭和63年 ネットワークシステム開発センター主幹研究員
平成02年 伝送システム研究所主幹研究員
平成10年 アクセスサービスシステム研究所主幹研究員
平成11年 (財)九州システム情報技術研究所入所



平成14年度「マルチメディア市民講座」のご報告

■日 時 : 平成14年12月14日(土)  午後1時30分〜5時00分

■会 場 : 福岡市博物館 1階 講堂

■参加者 : 141名

■主 催 : 財団法人 九州システム情報技術研究所(ISIT)

■後 援 : 福岡市、福岡市教育委員会

■内 容 : 〜いつでも、どこでも、誰でも、インターネットが使える
              ユビキタス・ネットワーク社会って何だ!!〜


・講 演

テーマ 「生活インターネットとしてのユビキタス・ネットワークを考える」


 「情報技術」が身近なものとなってきました。 10年前までは大企業や研究機関のものであったコンピュータなどの技術は、21世紀を向えて生活を中心とした場に重心点を移し始めています。 ユビキタス・ネットワーク社会という言葉で表現される新しい時代では、かつて自動車の普及が社会を変えたように、我々の生活を大きく変化させます。 幾度も繰り返し言われてきました「情報化社会」は、ここにきてようやく具体的な姿が見え始めてきました。 未来の携帯端末や情報家電など、現実味が薄いと思われていたような機械も、生活の視点からの使い方が語られはじめていることで、 ようやく本当に生活に影響を持つようになっています。 こうした社会の変化を、様々な事例を通じて分かりやすく紹介しました。


講 師  横澤 誠 氏
      株式会社野村総合研究所 情報技術本部 上席研究員


◇プロフィール◇
1988年東京大学大学院工学系研究科第一種博士課程修了、工学博士、京都大学大学院情報学研究科客員助教授。専門は市場情報論、組織情報論。 企業や公的組織が、ビジネスの場で活用するITの機能や、新しい組織アーキテクチャに基づくネットワークの利用形態であるPeer to Peerに関する技術的、社会的な影響を研究している。 京都大学大学院で市場・組織情報論を担当し学生の指導にあたるとともに、野村総合研究所の産学連携拠点であるフロンティアテクノロジー・ラボ京都を運営し ている。


・研究紹介

テーマ 「無線LAN技術を用いた福岡モバイルブロードバンド実証実験」


 無線LAN製品が安価になり普及してきたことを背景にして、無線LAN技術を用いて、街角でもインターネットがブロードバンドで、 移動しながら使える技術を研究開発しました。 昨年は、この開発した技術を用いて、福岡市で開催された世界水泳選手権大会の会場で実証実験しましたし、今年は、11月から天神の市役所1Fロビーや IMS、百道浜ではSRPセンタービル1Fや福岡タワー展望室(3F)などで、 市民の方々にも体験していただけるよう、福岡モバイルブロードバンド実証実験を始めています。 今回は、無線LANのセキュリティや移動のためのインターネット技術モバイルIPを解説し、福岡モバイルブロードバンド実証実験の紹介をデモを交えて行い ました。


講 師  平原 正樹
       (財)九州システム情報技術研究所 第2研究室 特別研究室長


◇プロフィール◇
1960年北九州市生まれ
1988年九州大学工学研究科博士課程単位取得退学
同大学工学部講師、東京大学大型計算機センター助教授、
九州大学情報工学科助教授、奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教授、
ミシガン大学メリットネットワークアソシエートリサーチサイエンティストなどを経て、
現在、(財)九州システム情報技術研究所特別研究室長(インターネット技術担当)
工学博士(九州大学)



平成13年度「マルチメディア市民講座」のご報告

■日 時 : 平成13年8月4日(土) 午後1時30分〜3時00分

■会 場 : 福岡市SRPセンタービル2F SRPホール

■参加者 : 90名

■主 催 : (財)九州システム情報技術研究所

■後 援 : 福岡市,福岡市教育委員会,福岡ソフトリサーチパーク5周年記念事業実行委員会

■内 容 :

・基調講演

テーマ 「e-教育を支える最新のIT」〜インターネットによる遠隔外国語学習システムの研究開発〜


講 師  九州大学大学院 言語文化研究院 文化情報学部門 教授
     岡 野 進
 氏


 IT化の進展に伴い,私たちの生活は大きく変わろうとしています。教育の現場も例外ではなく,ここにもIT化の波が押し寄せてきて います。 ファミコン,プレイステーションで育ったデジタルキッズと呼ばれる世代が大学の門をくぐるようになったのです。 黒板と紙を使っていては,ドラゴンクエスト,ファイナルファンタジーと共に育った電子メディアの申し子とも言うべきこうした若い人たちの可能性を引き出す ことはできません。
 そのためには,これまでにない,まったく新しい学習環境が必要です。それはe-Learningと呼ばれる,サイバースペースに展開する学習環境です。 今回は, 今九州大学等で取り組んでいるインターネットによる遠隔教室の実験を例にして,e-Learningについて話をしました。

・研究紹介   *** 8月3日(金)・4日(土) 実施しました。 ***

「ITマスター入門編体験教室」
  〜ロボットで学ぶコンピュータのしくみ〜

情報技術に関する基本的知識を社会常識として確立させることを目的に,「コンピュータは故障しない限りプログラムされたとおり動作する」という原理などを 楽しみながら学習できる体験型電子教科書です。
オフィス移動ロボット「百知?ももち?」
コンピュータに代表される情報機器と人間とのインターフェースに関する研究の一環として,「実際の生活空間で人間とコミュニケーションができる移動ロボッ トのインターフェース技術」などを実証するための,研究開発用ロボットです。

「ITマスター入門編」のパソコン画面

WAOロボット

研究員とロボット「百知」



平成12年度「マルチメディア市民講座」のご報告

■日 時 : 平成12年12月2日(土) 午後1時30分〜5時00分

■会 場 : 福岡市博物館1F 講堂

■参加者 : 158名

■主 催 : (財)九州システム情報技術研究所

■後 援 : 福岡市・福岡市教育委員会

■内 容 :

・基調講演

テーマ 「ITはなぜ革命か」〜経済と社会に及ぼす影響を考える〜


講 師  九州大学大学院 経済学研究院 助教授
     篠崎 彰彦
 氏


 新聞では,毎日「IT(情報技術)」という言葉が飛び交い,今日の政治,経済,社会に大きな影響をあたえていることを,いやがおう にも実感させられます。そして渦中にある私たちは,目の前に飛び交う様々な新しい現象のめまぐるしさで,翻弄されてしまいそうです。しかも,ITが革命と 称されるようになって,私たちの目につくようになったのはeビジネスや.com企業といった新しい現象だけではありません。それとは別に,司法改革とか会 計制度の改革,日本的経営の根幹と考えられてきた終身雇用や系列取引の見直し,企業の大型合併とベンチャーの活躍など,これまでの経済と社会の仕組みを大 きく改める現象も目につくようになりました。
 こうした現象は,一見するとITとは関係なさそうにみえますが,実はITの革新がこうした社会の変動にかなり深く影響していると考えられます。ITが革 命と騒がれる理由もそこにありそうです。
 この講演では,90年代の日本とアメリカを比較しながらIT革命とは何かを考えました。

・研究紹介

   *** ISITの最新の研究紹介と実験デモンストレーション ***


テーマ 「人に優しいインタフェース環境の実現をめざして」

     〜使い勝手のよい、役に立つ情報機器〜


講 師  (財)九州システム情報技術研究所 第3研究室長
     松本 三千人
  氏



 コンピュータに代表される情報機器の高機能化がめざましいスピードで進んでいます。しかし、そうした情報機器は人間にとって十分使 い易いものになっているでしょうか。どちらかというと、少し不便を感じながらも人間が機械に合せて使っているという場合が多いのではないでしょうか。しか し、これからはもっと、使う側の人間を中心にした使い勝手のよいものが求められてきます。また一方、今の少子高齢化社会では高齢者の方や女性の方が第一線 でより活躍できるような支援体制が必要になります。そのために日常生活を幅広く支え、人間と共存できる情報機器のひとつであるロボットの開発も強く望まれ ています。我々の研究室ではこのような背景のもとに、情報機器が誰にとっても使い勝手のよい機械となるよう、人間と機械との間のインタフェースをよくして いくことを考えています。
 講演の中では、この研究開発の一環として行っている「自然な話し言葉でコンピュータと対話する音声対話システム」、工場などではなく「実際の生活空間 で、簡単に操作でき、人間に役立つロボットのインタフェース」等について、実演を含めてその現状を紹介しました。




平成11年度「マルチメディア市民講座」のご報告

■日 時 : 平成11年8月21日(土)  午後1時30分〜5時00分

■会 場 : 福岡SRPセンタービル2F SRPホール

■参加者 : 176名

■主 催 : (財)九州システム情報技術研究所

■後 援 : 福岡市・福岡市教育委員会

■内 容 :

・基調講演

テーマ 「コンピューターが解き明かす外国語学習の謎」

     ― 日本人が苦手とするRとLの発音の不思議に迫る ―


講 師  ATR人間情報通信研究所 第一研究室 主任研究員

     山田 玲子 氏


 母語の音声がごく自然に習得されるのとは対照的に、外国語を習得する際には、 リスニングや発音の学習にしばしば困難が生じます。外国語音声を学習するう えで日本人が特に苦手とする英語のRとLの区別を例にとりあげ、「何故できな いのか」「どうすればできるようになるのか」という問題について考えてみま す。
英語コンプレックスに悩む私たち日本人にとって、「どうすればできるように なるのか」は、国際化時代の中にあって切実な問題です。そこで、次のような 身近な疑問点に焦点をあて、デモを交えながら最新の研究動向を紹介しました。
  1)成人でも新しい音の学習は可能か。
  2)リスニング学習で発音能力もアップするか。その逆はどうか。
  3)学習におよぼす年齢の効果はどうか。
そしてさらに、マルチメディア環境などを活用した個別学習、家庭学習、 遠隔学習の可能性について展望しました。

・研究紹介・公開デモ

   *** ISITの最新の研究紹介と実験デモンストレーション ***


テーマ  「コンピューターの仕組みを知って情報技術を使いこなそう」


講 師  (財)九州システム情報技術研究所 第一研究室長

     九州大学大学院システム情報科学研究科 情報工学専攻教授

     安浦 寛人  氏



 情報化社会は、コンピューターとそれらを繋ぐネットワークなどの情報技術 の上に成り立っています。情報技術の核であるコンピューターは、パソコンや スーパーコンピューターなどのようにビジネスや科学技術などの分野で用いら れるばかりでなく、洗濯機、電子レンジ、電話、エアコン、テレビ、自動車 などのように日常の身近な製品にも数多く組み込まれています。
 このように情報技術は、私たちの生活を支える重要な技術となっていますが、 その基本的な仕組みや動作原理は必ずしもよく理解されているとは言えません。 仕組みを知らずに使われる情報技術が、今後は電子マネーや電子投票など経済 や政治の中枢的な部分にも使われようとしています。
 ISITでは、情報技術の中でもコンピューターの基本的な仕組みを学ぶための 教材やカリキュラムの開発を行っており、ここではその一端を紹介しました。




平成10年度「マルチメディア市民講座」のご報告

■日 時 : 平成10年11月28日(土) 午後1時30分〜4時30分

■会 場 : 福岡SRPセンタービル2F SRPホール

■参加者 : 151名

■主 催   (財)九州システム情報技術研究所
       (株)福岡ソフトリサーチパーク

■後 援   福岡市・福岡市教育委員会

■内 容

 ・講 演

テーマ 「名人に近づく将棋コンピューター」

     ― コンピューターは人間の聖域(知性)にどこまで迫るか ―


講 師  将棋プロ棋士五段・工学博士

     飯田 弘之 氏


『 チェスでは世界チャンピオンがコンピューターに敗れました。
まさか将棋では名人がコンピューターに敗れることはないだろう、 と日本人(特に将棋愛好家)の多くが考えています。 そこには、取った駒を再び使う日本将棋独特のルールが、 チェスと将棋を大きく隔てているとの自負があります。果たして、 将棋でもチェスと同じことが起きるか否か。
真に人間を人間たらしめている聖域「知性」に迫るコンピューター の姿を紹介しました。』

 ・研究紹介・公開デモ

   *** ISITの最新の研究紹介と実験デモンストレーション ***


テーマ  「21世紀の情報ネットワークシステムの構築をめざして」

     ― シーサイドももちにおける情報ネットワークづくりの試み ―


講 師  九州大学大学院教授・工学博士

     (財)九州システム情報技術研究所 第2研究室長

     荒木 啓二郎 氏


 1. インターネットの歴史と特徴

 2. ネットワーク上の社会システム構築とその上での日常社会生活の営み

    ― セキュリティ(安全)と認証の重要性 ―

 3.「 福岡市オンライン認証実験 」

    ― 趣旨と意義および概要 ―

 4. デモンストレーション


『福岡市では、今後のマルチメディア社会に向けて「福岡市総合情報 ネットワーク(仮称)」を構築準備中です。
インターネットを含むネットワークの利用は今後ますます高まるものと予想され、 それに伴いインターネットが持つ危険性もクローズアップされてきています。
ネットワーク上でプライバシーの保護や安全性を確保するために不可欠な 当研究所の「認証技術」を中心に、デモを交えて紹介しました。』




ISITホームページへ