米国〜九州〜アジア
情報関連産業拠点国際フォーラムのご報告


定期交流会技術セミナーにもご参加ください。


〜Local to Local 産業交流事業〜
「米国〜九州〜アジア情報関連産業拠点国際フォーラム」

■開催主旨

経済活動のグローバルな展開の中、米国、日本、アジア諸国・地域、いわゆる アジア太平洋地域において相互依存関係が益々深化しています。

こうした中で、これらの地域の産業が技術や人材の交流を柱として、産業協力 等の促進を図ることにより相互にビジネスチャンスを拡げ、「米国〜九州〜ア ジア」のグローバルなビジネスパートナーシップを形成することが可能となっ ています。

とりわけ、情報関連産業は次世代の産業の高度化といった産業分野のみならず、 公的分野、家庭・生活分野においても利便性を大きく向上させる等、その技術 革新と産業創出といった面で世界的にも目覚ましいものがあり、九州地域の発 展にとってもリーディング産業の一つとして大いに期待されているところです。

そこで、今回、福岡市に米国及びアジアの情報関連産業の有識者・企業人を招 聘し、九州地域の情報関連企業・団体等との産業交流の素地を醸成し、産業交 流を推進することによって、相互の関係を強化し具体的ビジネスに結びつける ことを目的として、下記の7者共同で国際フォーラムを開催いたしました。

■主  催  JETRO福岡貿易情報センター
       九州マルチメディア懇話会
       (財)九州システム情報技術研究所(ISIT)
       (株)福岡ソフトリサーチパーク(SRP)
       (財)九州産業技術センター
       (財)福岡県産業・科学技術振興財団
       九州北部学術研究都市構想推進会議

■後  援  九州通商産業局、福岡県、福岡市、九州地方電源地域連絡協議会

■日  時  平成9年2月21日(金)
       ・セミナー・ディスカッション 13:00〜17:20
       ・交流会           17:30〜19:00

■場  所  福岡ソフトリサーチパークセンタービル SRPホール
       福岡市早良区百道浜2丁目1番22号
       TEL 092-852-3489

■対  象  九州地域の情報関連企業・関係団体、関係研究機関、
       関係自治体等

■使用言語  英語(同時通訳付)


■フォーラムの概要

第1部 セミナー      13:10〜16:10

米国の情報関連産業拠点及びシンガポールの情報関連産業の現状と今後の対応策
(人材の育成、支援策、地域の取り組み等)についてセミナーを開催しました。

・13:10〜14:00
  「次世代情報都市社会の創造〜シリコンバレーモデル」
   〜シリコンバレーにおけるにおける市民起業家による
                次世代情報都市社会づくりと地域活性化〜
   講 師:コラボレイティブ・エコノミックス
       社  長 ダグ・ヘントン

・14:00〜14:40
  「ワシントン州におけるソフトウェア産業の技術及びビジネスの動向」
   講 師:ワシントン ソフトウェア&ディジタル メディア アライアンス
       専務理事 キャスリーン・ウィルコックス

(14:40〜14:50 休憩)

・14:50〜15:30
  「カリフォルニア州の情報関連機器産業の技術及びビジネスの動向」
   講 師:アドバンスト マイクロ デバイス社
       国際政府交渉担当部長 クリフォード・ジャーニガン


・15:30〜16:10
  「アジアにおける情報技術ハブの構築〜シンガポールのアプローチ」
   講 師:シンガポール国立大学
       教  授 ダニー・プー

第2部 ディスカッション  16:20〜17:20

セミナーの全講師が一堂に会し、フォーラム参加者との間で、米国〜九州〜ア ジアにおける情報関連産業拠点相互のビジネス交流、産業協力の可能性を探 るための意見交換を行い、今後における九州地域の情報関連産業の創出・育成 と地域振興方策を検討しました。

・コーディネーター
  九州大学大学院システム情報科学研究科
   教  授 荒木 啓二郎

・講 師
  コラボレイティブ・エコノミックス(米国)
   社  長 ダグ・ヘントン

  ワシントン ソフトウェア&ディジタル メディア アライアンス(米国)
   専務理事 キャスリーン・ウィルコックス

  アドバンスト マイクロ デバイス社(米国)
   国際政府交渉担当部長 クリフォード・ジャーニガン

  シンガポール国立大学
   教  授 ダニー・プー


第3部 交流会 17:30〜19:00

講師及びフォーラム参加者の間で、 今後の継続的交流を図るために交流会を開催しました。



ISITホームページへ