ISIT特別講演会のご報告


今回の特別講演会では、第1部でISIT牛島和夫所長が当研究所の社会的役割や 研究内容を紹介しました。また、第2部では、TBS系ニュース番組 「ブロード・キャスター」でおなじみのビル・トッテン氏に 昨今の社会問題や情報社会の展望など、独自の視点を交えながら お話していただきました。

ISIT特別講演会のご報告

■日 時 : 平成18年4月27日(木) 15:30〜18:00

■会 場 : 福岡SRPセンタービル(ももちキューブ)2階 SRPホール
         (福岡市早良区百道浜2丁目1−22)

■第一部「ISITの紹介」
財団法人九州システム情報技術研究所 研究所長 牛島 和夫  15:30〜15:50



■第二部「講 演 会」
株式会社アシスト 代表取締役 ビル・トッテン 氏     15:50〜17:00
● 講演テーマ「この国はだれのものか」

● 講演概要
「物質的な経済成長を命題として進んできた現代社会を可能にした安くて豊富 な石油の時代はもうすぐ終焉を迎える。石油が人口増加を可能にし、世界人口 は64億人を超え、日々増え続けている。エネルギー自給率が10%にも満たない 日本にとって少子化は問題ではなく恩恵だ。」
「情報化社会は省エネルギー社会であり、今こそ環境の変化にあわせて、情報 活用に基づく新たな社会システムの構築が必要とされている。」
 少子化や環境問題、経済の行方など、日頃より提起しております多くの問題に ついて、情報技術の有効利用による解決の糸口などを検証しながら、日本の展 望についてお話していただきました。

● ビル・トッテン 氏 プロフィール
1941年(昭和16) 米カリフォルニア州に生まれる
1963年(昭和38) カリフォルニア州立大学卒業
1963年(昭和38) ロックウェル社(アポロ計画)勤務
1967年(昭和42) システム・デベロップメント社(SDC)勤務
1969年(昭和44) SDC社の社員として日本の市場調査のため初来日
1970年(昭和44) SDCに在籍しながら南カリフォルニア大学経済学博士号取得
1972年(昭和47) 株式会社アシスト設立、代表取締役となり、現在に至る

(その他活動)
1999年(平成11) 9月より 東京都「東京の問題を考える懇談会」メンバー
2004年(平成16)10月より TBS「ブロードキャスター」コメンテーター

(近著)
「会社は株主のものではない」(共著)(2005年11月洋泉社)
「日本のモノづくり58の論点」(共著)(2005年12月 JIPMソリューション)
「なぜニッポン人は美しい風習を捨てるのか」(共著)(2006年2月 明拓出版)

■主 催 (財)九州システム情報技術研究所(ISIT)

■共 催 情報処理学会九州支部

■後 援 福岡市

■参加者 123名


ISITホームページへ