4 コンサルティング事業
 福岡市を中心とした九州地域の企業などが、システム化技術及び情報技術の
分野において、研究開発、製品開発などに関する技術的諸問題を解決できるよ
う支援することを目的として、平成8年5月より事業活動を開始しました。

4.1 コンサルティングの方法
(1)申込資格や期限は特に限定せず、また相談窓口は研究企画部としています。
(2)申込の際は「コンサルティング申込書」に記入のうえ当研究所へ提出、
また技術相談の終了後には「コンサルティング結果報告書」の提出をお願いす
ることとしています。
(3)企業などの相談内容により、最適な指導をしていただくために、九州大
学をはじめとする近隣の5大学の先生方に研究アドバイザー(当面16名、巻
末の資料に掲載)への就任をお願いしています。
(4)コンサルティング料金は以下のように設定しています。
     ・賛助会員の場合:3,000円/時間
     ・一般の場合  :6,000円/時間

4.2 事業活動状況
 コンサルティングの実績を次ページ以降に示しています。
(1)コンサルティング実績(件数)は、月平均3.6回(窓口相談のみが多
い)で、まだPR不足の感がありますが、月別推移から、わずかながら増加の傾
向が認められます。
(2)コンサルティング実績(時間)は、平成8年5月の福岡SRPセンタービ
ル内ネットワーク接続に関する技術指導が多かったものの、その後は月平均1
3時間と少なくなりました。ただし月別推移から、件数と同様にわずかながら
増加の傾向が認められます。
(3)コンサルティング内容は、通信・ネットワークに関するものが46%と
ほぼ半数を占め、関心の高さがうかがえます。コンピュータシステムとソフト
ウェアに関するものがそれぞれ18%、14%という割合でした。
(4)コンサルティング相談元は、地場企業が60%と最も多く、その他企業
も含めると企業からの相談が71%とほぼ4分の3を占めました。また、福岡
市役所をはじめとする自治体・公共団体などから22%(6件)の相談があり
ました。

 コンサルティング事業の活性化のため、関連機関発行の広報誌などへの掲載
や企業への訪問などによるPRをさらに積極的に行っていく予定です。

コンサルティング業務フロー(図)
平成8年度 コンサルティング実績(表・グラフ)

平成8年度活動報告書目次へ